読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライターは真夜中に目を覚ます。

ライターで一本立ち日記。猫飼ってます。バンドやってます。たまに高校生男子のお母さんやります。

クラウドワークスに登録して半年

クラウドワークスに登録したのが去年の10月なので、半年がすぎました。

 

最初はどう取り組めばいいのかわからず(誰でもそうだけど)アンケートなどをちょっとやって手をこまねいていました。

ライター案件をやりたいけれど、まあ勇気がでないわけです。

 

今まで一応文学誌(商業誌ではない)にコラムを書いたり鑑賞文書いたりしていたので書くのは慣れていました。

また中学生高校生の国語と小論文の採点を10年以上やっていたので、「誰にでもわかりやすい文章作り」は指導するなかで身につけてきたつもりです。

 

でもそれが通用するかどうかはわからないわけで。

 

ある時、これなら書けそうと思ったタイトル記事の募集があり、思い切って出したらオッケーだったのをきっかけにどんどん応募するようになりました。

 

あとは公開プロフィールの経歴や得意分野を詳しく充実させること。クライアントさんにはここでまず判断していただくしかないのでとにかく詳しく。

 

そうすると今度はありがたいことにスカウトや相談が来るようになりました。

 

そこで記事を一つ書き上げ、その後そのまま継続で書かせていただけるのは本当にありがたいです。

たとえ文字単価は、低くても必ず先につながると思って全力で書いてます!

単価低い仕事を引き受けるとますますライターの賃金が安くなることにつながるという批判もあるのですが、私は相談されたりスカウトされたら断らないでやります。

 

なぜなら単価以上のものを得られることが多いんです。スキルアップにつながったり高評価につながったりと次の仕事の糧になるんですよね。

 

でもこれだけ書いて◯円かーと泣きたくなることもあるのは事実!笑  

 

ランサーズ、サグーにも登録したのでまたその印象などもまとめたいと思ってます。

 

今は与えられたお題をまとめてるので、今後はもっと早く書き上げられるよう効率化を図ることが課題です。

誰か1人でも役に立った、よかったと思う記事を書くことが何より大事なことに変わりありません。